よく見るヘビや珍しいヘビの情報を記載していきます。

爬虫類に魅了された流星

爬虫類図鑑

ヒバカリ

更新日:

 

おはようございます。

本日はヒバカリについてです。

アオダイショウやシマヘビに比べると見かけにくいヘビなので知らない人も多いと思いますが小さくてかわいいヘビなので興味を持って頂けると嬉しいです。

目次

  1. 分布域
  2. 飼育温度、湿度
  3. 寿命
  4. 体長
  5. 性格
  6. 販売価格
  7. 飼育器具
  8. 特徴
  9. 飼育時の注意点

1.分布域

日本(本州、四国、九州、壱岐、隠岐、屋久島など)

2.飼育温度、湿度

温度22℃~25℃。湿度 60%~70%の多湿な環境 。

3.寿命

約10年

4.体長

40cm~60cm程の小柄なヘビです。

5.性格

とても臆病で、威嚇してきても噛みつくことはあまりありません。

6.餌

ヒバカリのエサはマウスではなく、カエル、おたまじゃくし、メダカ、金魚などです。

7.販売価格

2000円前後で販売されることがありますが、販売されることがあまりないので購入が難しいかもしれません。

8.飼育器具

飼育器具はコーンスネークの飼育方法で記載したものと同じで大丈夫です。

9.特徴

ヒバカリは無毒のヘビですが、昔は毒ヘビと勘違いされていて、噛まれたらその日ばかりといわれたことからヒバカリの名前がついています。

小柄で臆病で噛むつくことの少ないかわいいヘビです。

10.飼育時の注意点

ヒバカリはマウスで飼育が難しいヘビで主食はアフリカツメガエルなのでカエルが苦手な方は注意が必要です。※ちなみに私はカエルが苦手なのでヒバカリはとても好きで飼いたいのですが諦めています。

マウスを食べるヘビより食事の間隔が難しく食べるだけこまめに与えて餌切れがないようにしてください。

また多湿を好むので乾燥に気を付けてください、ケージの中に水コケを入れてあげると安心かと思います。

飼育に向いた一般的なヘビ(コーンスネーク、ボールパイソン等)より湿度、温度に敏感なヘビで弱いヘビなので、初めてヘビを飼う方には向いていないかもしれませんので注意してください。

ブログランキング参加中の為、下記バナークリックお願いします。


爬虫類ランキング

 

 

-爬虫類図鑑

Copyright© 爬虫類に魅了された流星 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.