爬虫類の可愛らしさ、良いところを伝えていきます

爬虫類に魅了された流星

コーンスネーク

コーンスネーク

更新日:

今回は私が爬虫類に魅了されたきっかけになったコーンスネークについてです。

Kapa65 / Pixabay

✭目次

  • 1、原産地
  • 2、飼育温度、湿度
  • 3、寿命  
  • 4、体長 
  • 5、性格
  • 6、餌
  • 7、購入価格 
  • 8、必要器具 
  • 9、特徴
  • 10、飼育時の注意点

1、コーンスネークの原産地

コーンスネークの原産地はアメリカ東南部で毒を持たないナミヘビ科になります。

2、コーンスネークの飼育温度、湿度

ケージ内の温度は25~30度になるように管理します。寒い時はパネルヒーターを使い適切温度にします。暖まりきらないときは暖突等の上部ヒーターも使い温めます。湿度は60%くらいでいいと思います。

3、コーンスネークの寿命

平均寿命は10~15年前後です。

4、コーンスネークの体長

約120cm~150cm

5、コーンスネークの性格

個体差もあるかもしれませんが基本とても温厚な性格で噛みつくことは殆どありません。お腹が空いている時に顔の前で指を動かしていたり、手に餌の匂いがついていたりした時は間違えて噛みつくことはあります。私の息子(2歳児と4歳児)がとてもヘビが好きでよくハンドリングをしますが、たまに乱暴に捕まえたりしてしまう時がありますが噛みつこうとしたことは1度もありません。

6、コーンスネークに与える餌

餌はマウス(ハツカネズミ)でコーンスネークが子供の時は産まれたばかりのピンクマウスを与えます。餌の頻度は30cmくらいの成長期は週に2回程度、その後は大人になると1~2週間に一度くらいです。餌の量は1度に1~3匹。餌のサイズはヘビの体の一番太い所と同じくらいの太さのサイズを与えます。餌が大きく呑み込めない様に思えますがヘビは呑み込む際に顎を外して口を大きく開けて呑み込めます。ヘビが小さいうちはつまらないか見てあげてください。基本、マウスは冷凍の物がネット通販等で売っていますのでそちらで大丈夫だと思いますが中には冷凍ではなく生き餌でないと食べないヘビもいますので購入の際はショップ店員に確認してから購入してください。

7、コーンスネークの購入価格

コーンスネークの価格はノーマルで8000円前後、珍しいモルフになると数万円します。

8、コーンスネーク飼育に必要な器具

スネーク飼育に必要な器具

  • ケージ
  • パネルヒーター
  • 温湿度計
  • 水入れ
  • 床材
  • ピンセット以上が基本になります。                 
  • 透明なケージを使っていてヘビが隠れる場所がない時や、ベビーの時は隠れ家があるとストレスがたまりにくくなるかもしれません。

◦ケージ

 

ケージはアクリルでもプラケースでも構いません、爬虫類用ケースが売っていて見栄えが良く観察しやすいですが値段が高めです。私は衣装ケースで飼育しています。

衣装ケースは安価で特に外見が気にならなければ酸素穴をあければ十分だと思います。また衣装ケースは透明ではなく白く色が付いていて目隠しになる為、隠れ家が無くてもストレスになりにくいと思います。ケースのサイズはヘビがとぐろを巻いた状態の3倍程度の広さがあれば大丈夫です、高さは特に必要ありません。

エキゾテラ グラステラリウム6045 PT2610 ※大型商品の為、別途送料加算

価格:20,150円
(2019/10/30 15:34時点)
感想(0件)

◦パネルヒーター

ケージの半分から三分の一程度のにパネルヒーターを引きます。全体に敷いてしまうと温度調節ができなくなり体調を崩してしまします。パネルヒーターで温度が上がらないほど寒い時は上部ヒーターの暖突等も必要になります。

三晃商会 SANKO パネルウォーマー 14W 小動物 爬虫類 パネルヒーター 関東当日便

価格:3,805円
(2019/10/29 22:55時点)
感想(5件)

 

◦温湿度計

温湿度計は飼育管理するためには必ず必要なのでパネルヒーター上部から少し離れた場所に設置して下さい。

【ネコポス対応】ビバリア ツインメーターNEO RP-141 (爬虫類・両生類用温湿度計) [M便 1/1]

価格:893円
(2019/10/30 15:24時点)
感想(0件)

◦水入れ

水入れは全身が浸かれる大きさのタッパに水を入れてあげるといいです、飲み水だけではなくヘビはタッパの水に浸かり体を冷やしたり、脱皮時に浸かって脱皮しやすくします。

◦床材

床材は特に決まりはなく自分の好みで大丈夫です、私はペットシーツを引いています。

◦ピンセット

ピンセットは長めの物を用意し餌をあげるときに使用します。

9、コーンスネークの特徴

コーンスネークは順応性が高く、餌の食いつきがよく、寒さにも強いのでとても飼育しやすくヘビ飼育が初めての方には一番おすすめです。

また品種が多く様々なモルフがあります、赤や黒の色素がないスノーや本来あるべき柄がないブラットレッドなど私は多すぎて全然把握できていません。

10、コーンスネーク飼育時の注意点

ケージ内は常に清潔にし、糞をした時はすぐに取り換え、水は毎日取り換える等ヘビが病気にならないようにしてください。 

ヘビの病気等は拒食、脱皮不全、マウスロット等があり拒食は1カ月以上餌を食べないときは病院に行ってください。                   

脱皮不全は温度や湿度が原因であったり、寄生虫の可能性もあります。ぬるま湯につけ脱皮の手伝いをしてあげてください。寄生虫がいる疑いがあるときはすぐに病院で診てもらって下さい。

マウスロットは口周りに粘液が溜ま状態で膿や充血があり口の周りが変形するときもあります。

口周りに異常があったときは病院で診てもらって下さい。

以上お付き合い有難うございます。

 


ペットランキング

-コーンスネーク

Copyright© 爬虫類に魅了された流星 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.